STAFF MESSAGE2021年入社/福岡支社・主任

本村 高廣

仕事ではブレずに、マイペースが大事
夢を叶えるため日々邁進中!
将来への不安が大きくなり
同業種からのキャリアチェンジ
将来への不安が転職のきっかけだと話すのは本村高廣さん。前職では不動産賃貸をメインで行う会社で営業管理職をしていました。

「今後ライフステージが変化した時に、『このまま同じところにいてもいいのだろうか…』と感じていました。特に収入面への不安が大きく膨らんでいましたね」と振り返ります。
同じ不動産業界へのキャリアチェンジを希望した本村さんですが、当時、同業者の視点からはライフアシストはどのように映っていたのでしょう。

「不動産賃貸営業をしていた頃、リノベーション済み物件はまだまだ稀な存在でした。ストック住宅への問題意識が高まっている中、ライフアシストはいち早く中古住宅の可能性を見いだし、リノベーションして再販する一貫体制を築いていたので、『これからの時代を先読みしているな』という印象がありました。創業から右肩上がりで成長している点でも不動産仲介業だけを行っている会社とは違う、大きな勢いを感じましたね」と言います。

そして、リノベーション業界の将来性と、これまで自身が磨いた営業スキルを高く評価してくれたライフアシストに可能性を感じ入社を決意しました。
前職から大幅な年収アップ!
やりがいも手に入れて充実の日々
ずっと営業一筋だったので、ライフアシストでの仕事に不安は特に感じていなかったと話す本村さんですが、入社してから一番大きく変化したのは、やはり収入面だそう。

「同じ営業職ですが、基本給とインセンティブ率が高いのが魅力ですね。結果を出せばその分しっかり給与として反映され、それがモチベーションにつながっています。オンとオフのメリハリもしっかりしており、前職から比べると年収も大幅にアップしました」と胸を張ります。その様子からはやりがいと理想のワークライフバランスを手に入れ、充実した日々の様子が伝わってくるよう。

現在、本村さんは、プレイヤーとして集客業務からお客様へのライフプランニング、リノベーション住宅の提案までを行う一方で、チームを率いるリーダーとしても活躍中。

チーム内や社内の雰囲気を尋ねたところ、「一言でいえば、アットホームですね。自分の意見も言いやすい環境です。そして、みんな最初は同じようなことで悩み、成長していくときにも似たような壁に当たる経験をしているので、お互いをカバーながら切磋琢磨しています。私はチーム全体の数字の管理をしたり研修でメンバーを指導したりする立場にありますが、フラットに接するようにしています」とほほ笑みます。
自分のペースを乱さず、基本に忠実
仕事を楽しむことが成果につながる
本村さんのモットーは、楽しみながら仕事をすること。

「営業職である以上、常に売上などの数字は意識しなければいけません。しかし、どんな場面でも楽しむことが力になると思います。もし自分がお客さんなら、自信がなさそうな営業マンに家の相談をしたいと思いませんよね?」と明るく笑う本村さん。実は社内で「ファミリー集客NO.1」と評価されているそう。成果を出し続けるコツを聞くと、「例えば、重圧を感じることがあっても状況を冷静に分析するように心掛けています。自分のペースを乱さず、基本に忠実に。悩むより行動することで道は開けてくるので、前向きに取り組むことが大事ですね」ときっぱり話し、不安や弱気に負けなければ結果はついてくると続けます。

そして、順調にキャリアを築く中で、新たな夢も芽生えたそうで「5年後にはひとつの支店を任せてもらえるようになりたいですね」と力強く語ります。
最後に改めてライフアシストで働く魅力を聞きました。

「不動産業界のことが分からなくても、しっかりとしたフォロー体制があるので、自分次第で可能性はどんどん広げられますし、社会人としても成長できる環境です。素直で自分軸をしっかり持っている人にはぴったりだと思いますよ」。
私たちと一緒に働いてくれる、
熱意と行動力のある
仲間をお待ちしています。